お天道様は今日も見ている

ネイチャーアクアリウムとハリネズミに関する一考察

アクアリウム初心者向け!水槽で水草を育てるための最小構成を考える!【第1回】

f:id:FooRay:20180711231558j:plain

こんにちは、水槽のディオゲネスです。

今回は、これからアクアリウムを始めようという方に向けて、実際に何を揃えたらいいのか、そして、予算はどれだけかかるのかなど、できるだけ具体的にまとめてみました。

アクアリウムにセオリーはあるのか!?

さて、自分の部屋に小さな宇宙を創れる魅惑の趣味、アクアリウム。

しかし、このアクアリウムという趣味は本当に奥が深く、私自身、始めた当初は右も左もわからずに、本を読んだり、Youtube動画をひたすら見たりしましたが、いったい何から揃えていけばよいのかわからずにさんざん悩みました。

ということで、今回はこれからアクアリウムを始めようと考えている初心者の方に向けて、ある程度条件を絞ったうえで、できるだけ少ない予算で始められるような最小構成というものを考えてみたいと思います。

第1回の目標はとりあえず生体を飼育できる環境をつくること!

さて、最終的には水槽で前景草の絨毯やロタラの丘など、いろんな水草を栽培できるようになることが当シリーズの目的です。

したがって、ある程度明るい照明やCo2強制添加などは避けては通れないのですが、一度にいろんなことから始めると予算もかかりますので、とりあえず第1回目の今回は熱帯魚を飼うために最低限必要なものをご説明し、第2回にて水草を育てるために必要な設備や手順について解説したいと思います。

【第1回】初心者が最低限アクアリウムを始めるのに必要なもの

ではまず最初に、初心者が最低限アクアリウムを始めるのに必要なもの、すなわち何かしらの生体を育てられる環境についてご紹介します。

購入するもの

  • 水槽
  • フィルター
  • 生体(熱帯魚やエビなど)
  • カルキ抜き
  • バケツ
  • ポンプ
  • ヒーター(冬場に始める場合。常時エアコンによる室温管理でも可)

育てる生体の種類にもよりますが、たったこれだけで、とりあえずアクアリウムを始めることは可能です。

なお、セット販売のものは安いですが、性能面で考えると結局後々買い替えることになってゴミになるだけなので、今回は使用しません。

各商品はできるだけ安く、かつ質の良いものを厳選しましたので、あれこれ迷うようでしたらとりあえず全部購入しても問題ないと、自信をもっておすすめします。

とりあえず初めてみないことには、なにもわかりませんからね!

では、早速順番に説明していきましょう。

水槽「コトブキ クリスタルキューブ300」1,970円(2018年7月現在)

初心者の方には水槽は絶対に30cmキューブ規格がおすすめです。

最初から大きすぎる水槽で始めると、やめたくなった時に苦労しますし、逆に小さすぎても水質の面で不安があります。

30cmキューブなら、ある程度の耐荷重のある家具の上や玄関の棚などにも設置可能ですので専用の水槽台を用意する必要もありません。

また、専用の用品も多く販売されているので選択肢が広がります。

60cm規格水槽は流通量が多いので、大きさの割りには安いですが、その他の設備も60cm用が必要になりますし、全面にレイアウトを施そうとすると後々結構な予算が必要なのでとりあえず30cmで試してからにすることをおすすめします。

フィルター「ジェックス コーナーパワーフィルター1」647円(2018年7月現在)

フィルターは水草の育成をやるなら本来外部フィルターの一択なのですが、とりあえず最低限の濾過ということならこちらの投げ込み式と呼ばれるフィルターで十分です。

コーナーパワーフィルターは値段も安いですし、拡張性も高いので、1台あると何かと便利です。

生体「ネオンテトラ5匹」872円(2018年7月現在)

生体はとりあえずネオンテトラかアカヒレが環境変化への耐性が強くてよいです。

水槽内の環境が整っていない状態でこれ以上生体を入れると、1週間以内に必ず全滅します。

生体を増やしたい場合は生物濾過について十分な知識がついてからにしましょう。

もしベタを育てたいという方でしたらベタ1匹を30cm水槽で飼うのもよいかもしれません(ただし、ベタは他の魚との混泳が困難なので注意が必要です)。

餌「テトラ テトラミンNEW」630円(2018年7月現在)

餌は定番のテトラミンを買っておけば間違いないです。

これ1つで1年以上は持ちます。

カルキ抜き「テトラ コントラコロライン プラス」786円(2018年7月現在)

水道水の塩素の中和剤です。

こちらもテトラのコントラコロラインを選んでおけば間違いないです。

むしろ、他に何も使用しないほうがよいことも多いので、追加で購入を勧めてくるショップ店員の話は無視しましょう。

ちなみに、「コントラコロライン」という名前の響きは、熱帯魚用の水の中和剤っぽいですよね。

バケツ「リス 『バケツ』 ベルクバケツ 13SB 本体 ブルー」436円(2018年7月現在)

水が汲めればなんでもよいですが、30cm水槽の容量は27Lなので、13Lだと最高で半分近く換水可能です。

これ以上大きくなると、水を入れたときに持ち運びずらいのでこの大きさがベストだと思います。

私は13Lバケツを2つ持っていて、2つあると作業効率が5倍くらい向上するのですが、最初はひとつでも十分です。

ポンプ付きホース「水作 プロホース エクストラ M」910円(2018年7月現在)

換水する際に使用するポンプ付きのホースで、底床の掃除も同時にできる便利なアイテムであり、これなくして換水は考えられないというくらいの定番商品です。

大きさはいろいろありますが、Sサイズはソイルが詰まりやすいのでMサイズがおすすめです。

ヒーター 約1000円

ヒーターは冬場に水槽の水温を温める器具ですが、我が家は水槽二つとハリネズミ一匹のために夏と冬は24時間エアコンをつけているので、ヒーターを使用したことがありません。

使用したことないものについては、基本的におすすめできないのでamazonで評価の高いものを選んでください。

初心者が最低限のアクアリウムを始めるのに必要なお値段は?

さて、以上7つのアイテムと生体5匹の総額は7,252円(ヒーターは1,000円と仮定)。

これだけでは、生体とフィルターが入っているだけという少し寂しい水槽になってしまいますが、とりあえず今回は最低限熱帯魚を飼育できる環境ということで思い切りハードルを下げてみました。

これが高いか安いかはそれぞれの価値観だと思いますが、新しい趣味を始めるには、そこまで高くない投資ではないでしょうか。

ちなみに、今回は必要な設備の紹介だけになっていますので、実際の水槽の立ち上げの方法については事前によく知識をつけてから始めるようにしてください。

当ブログでは、こちらの山岳水槽立ち上げシリーズなどが参考になるかと思います。

fooray.hatenablog.com

ということで、「水槽で水草を育てるための最小構成を考える」シリーズ第1回は最低限のアクアリウムを始めるのに必要な設備についてご紹介しました。

第2回では本格的に水草を育てていくために必要なものをご紹介しますので、どうぞご期待ください。