お天道様は今日も見ている

ネイチャーアクアリウムとハリネズミに関する一考察

ブログ村で5位に入ったので、公約どおりマクロレンズを買ってきました!

f:id:FooRay:20180710134105j:plain

こんにちは、日向を愛するひと、水槽のディオゲネスです。

買ってしまいました。一眼レフ用マクロレンズ「TAMRON SP90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD」(通称:タムキュー)。

その後、ブログ村のランキングで5位以内を死守できているのか!?

もっと水槽の熱帯魚を美しく撮影できる方法はないかと悩んでおりましたカメラ初心者の私が、このタムキューと呼ばれる「TAMRON SP90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD」というレンズがあれば素敵にボケた写真を撮影できるらしいと記事に書いたのが、7月2日のこと。

fooray.hatenablog.com

しかし、やはり大変評判の良いレンズなだけあってお値段もそれなりにしますから、優柔不断な私は最後の一歩を踏み出せなかったわけです。

なにしろ、アクアリウムのほうはやっと初心者から抜け出せそうというレベルですが、カメラに至っては、ずぶの初心者。

いきなりお高いレンズを買っても使いこなせるかどうか不安でした。

そこで、試しに「にほんブログ村の水草カテゴリで5位以内にランクインしたら購入します!」と宣言したわけでありますが、その日からわずか5日後に、まさかのピッタリ5位にランクイン。

fooray.hatenablog.com

正直、始めて1か月そこらのブログがブログ村のカテゴリで5位にランクインできるなんて、本当に驚きました。

たとえそれが、小さいなカテゴリであったとしてもです。

しかし驚きよりも、毎日一生懸命書いている記事をたくさんの人に読んでいただけたということがなによりも嬉しかったです。

さて、それから数日が経った今の順位はどうなったのかといいますと、とりあえずギリギリ5位を死守できているような気がしますが、順位は刻々と変動しますので、よかったらこちらで現在の順位をご確認してみてください。

水草ブログランキング

(クリックしていただけると少し順位が上がります;)

水槽撮影用に買ってきました!一眼レフ用マクロレンズ「TAMRON SP90mm」

ということで、目標を無事達成しましたので、公約通りに買ってまいりました。

いやはや、いろいろ調べて納得して、今回こういう形で皆様に背中を押していただいたのですが、実際に買いに行くとやはり最後は勇気がいりました。

もしこういう形でなかったらきっと諦めてしまっていたでしょう。

ですので、本当に皆さまには感謝したいと思います。

ちなみに、嬉しすぎてすぐに開封できなかったので、とりあえず1晩寝かせました;

ではご覧いただきましょう。

こちらが「TAMRON SP90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD」です。

f:id:FooRay:20180710134730j:plain

レンズについては素人ですので、あまり込み入った説明は省きますが、強いて言うなら重さや質感がしっくりくる感じが凄く良いです。

私のカメラにつけるとこんな感じです。

f:id:FooRay:20180711201535j:plain

もともと私のカメラが小さいのでレンズが大きく見えますが、ボディとのバランスがなかなかいいので重さをあまり感じません。

これならいろんなところに持ち歩いて、どんどん色んな写真を撮ってみたいですね。

実際に「TAMRON SP90mm」で水槽を撮影した写真がこちら!

それではお待たせしました。実際に撮影した写真をご覧ください。

こちらのレンズはマクロレンズと言われるもので、花や昆虫などの小さなものも非常に大きく接写することが可能なのです。

f:id:FooRay:20180710135336j:plain

f:id:FooRay:20180710135351j:plain

f:id:FooRay:20180710135418j:plain

f:id:FooRay:20180710135431j:plain

f:id:FooRay:20180710135454j:plain

まだまだ、私の技術が追い付いていませんので、ピントがきっちり合ってなかったりするのですが、それでも今までの写真に比べて、被写体が大きく、そして我が家の熱帯魚たちが際立って見えるような自然なボケ感で撮影できたと思います。

すべてはレンズの力ですね;

高い買い物でしたけれど(カメラレンズにしては安い?)、本当にいい買い物をしたと思います。

ちなみに、マクロレンズは、接写以外にも通常の90mm(換算144m)の単焦点レンズとしても使用できるということですので、ポートレート撮影なんかでも力を発揮するようです。

近いうちに近所の公園にでも一人フォトウォークを開催したいと思いますので、そちらもご期待ください。 

といった具合に、たったひとつのレンズで今までとは全く違った世界が見れるというのはなかなか不思議な体験で面白かったです。

皆さんもよかったらマクロレンズで新しい世界を覗いてみませんか。