お天道様は今日も見ている

ネイチャーアクアリウムとハリネズミに関する一考察

ベトナムゴマノハグサの繁殖力は水草で最強?ADAの水草は育ちすぎて草生えるw

f:id:FooRay:20180630113217j:plain

こんにちは、日向を愛するひと、水槽のディオゲネスです。

安易なタイトルをつけてしまいましたが、今回は我が家の水草水槽の中景を担うベトナムゴマノハグサをご紹介したいと思います。

ベトナムゴマノハグサってどんな水草? 

さて、私のTwitterではたびたび登場するものの、ブログでちゃんと紹介するのは初めてだったりするベトナムゴマノハグサ。
ライムグリーンの明るい緑が美しく、前景から中景にマルチに使用できることで人気の水草ですが、基本データはチャームさんのサイトが詳しいので、ひとまず下記の画像リンクからご覧ください。

我が家の水草水槽に導入したのは約3週間前で、ADAの「BIO みずくさの森」、すなわち小さなカップに入った組織培養のものをペンギンビレッジ石神井本店で購入しました。

f:id:FooRay:20180630011909j:plain

ペンギンビレッジさんへは吉祥寺駅からバスが出ていますので、中央線ユーザーの私はアクアフォレスト新宿店さんの次に行きやすいアクアリウムショップであったりします。

ちなみに、ペンギンビレッジさんは販売用熱帯魚の水槽にも水草のレイアウトがしてあるので、実際に飼ったときの様子が想像しやすいところがいいですね。

ADAの「BIO みずくさの森」は良く育つ!?

ADAの「BIO  みずくさの森」シリーズは成長力に定評があるようですが、こちらのベトナムゴマノハグサも、ご多分に漏れず良く育ってくれています。

ちなみに、組織培養のカップを購入するときは、カップの底を見て培養組織が茶色く変色していないものを選ぶのがポイントです。

最初はこんな小さなカップだったのによく育ったなとお思いかもしれませが、実はこれ、すでに3回もトリミングしています。

というのも、水草水槽の中心に据えた流木の表情を出すためには、かなり低めの位置で高さを抑えておきたいという狙いがあるからです。

また、我が家の水草水槽は後景と前景のヘアグラスショートの間が寂しくなりがちなので、ゴマノハグサにはできるだけ横に這うように広がってほしいのです。

右側の中景に植えてあるアルテルナンテラ レインキーなんかは茎から根が出てしまって少しみっともないので、このあたりまでゴマノハグサが伸びてくれると嬉しいです。

f:id:FooRay:20180630113239j:plain

とはいってみても、そう簡単にコントロールできるものでもなく、水草は光と栄養を求めてどんどん成長してしましいます。

縦に長く伸びるロタラに比べて、低い位置で密集するように群生するので、トリミングはロタラより簡単ですが、それでも週1回ペースのトリミングはなかなか大変です。

といった具合に文句を言いつつも、順調に成長してくれてるのが本当は嬉しくてしかたがないのですけれどもね。

我が家の水草水槽はネイチャーじゃない!?

さて、今回紹介したように、ベトナムゴマノハグサは順調に育っており、また、グリーンロタラも暴走期を経て、現在は安定成長を続けております。

fooray.hatenablog.com

しかし、ここのところ気になっていることがありまして。

それは、我が家の水草水槽には水草の多様性に欠けるのではないかということです。

f:id:FooRay:20180630113319j:plain

現在の水草のラインナップは、

  • グリーンロタラ
  • ロタラ ロトンディフォリア
  • ベトナムゴマノハグサ
  • アルテルナンテル レインキー
  • マヤカ
  • ヘアグラスショート

の6種類。

なんか、全体的に明るい;

そうなんです。

実は私、陽性水草が大好きでして、陽性水草主義者といっても良いかもしれません。

しかし、そのせいでどうしても水槽の中に陰影を演出しづらく平面的になりがちなような気がします。

また、このままでは水槽内がほとんどグリーンロタラとベトナムゴマノハグサで埋め尽くされてしまうのではないかという危機感もあります;

実は、このように思うきっかけとなったのが、先日「すみだ水族館」であのADAの水槽を見てしまったからなのです。

この辺は、レイコンで500位を狙う私としては決して避けては通れない問題です。

というわけで、近日中にすみだ水族館の感想と「ネイチャーアクアリウムとは」というテーマで記事を書きたいと思いますので、どうぞご期待ください。